エレベーターが無い引っ越し

引越費用を半額に

去年引越をした際、一番お金がかかる引越費用を抑えることに成功しました。

 

 

 

引越は3月中旬〜下旬予定。ハイシーズンになり一番金額が高い時期です。

 

地域は神奈川県相模原市内の移動(距離は20キロくらい)

 

3人家族、3LDKまるまる引越をします。

 

 

 

見積もり不動産屋さんに置いてあったパンフレットを適当に3つ選び、3社の引っ越し無料見積もりの約束をお願いしました。

 

 

 

1.「大手引越業者A」

 

2.「大手引越業者B」

 

3.「地元の中堅業者C」

 

 

 

この順番は電話した順でこれまた適当でしたが、ここが最大のポイントでした。

 

 

 

「見積もりは複数取る。実は地元の業者が結構頑張ってくれる」

 

 

 

まずは1つめの「大手引越業者A」に見積もりをもらいました。その際の希望は「引越日は土日、3LDKの荷物全運び」と伝えました。

 

ハイシーズンに入ると値段が跳ね上がると言われたので中旬に決定。しかし土日ということもあり30万くらいでした。予算オーバー。そこで土日を平日に変更。30万が20万まで下がりました。

 

 

 

2つめの「大手引越業者B」との交渉。そこでは、「大手引越業者A」の見積もりをそのまま提出。

 

すると結構頑張っていただき17万まで下がりました。しかも、段ボールガムテープがもらい放題(Aでは個数が決まっていた。)のオプション追加。

 

ほぼBに決定かな?と思いつつ次へ。

 

 

 

3つめの「地元中堅業者C」。実は当初ほとんど期待していませんでした。

 

が、Bの見積もりを見せるとそれ以上に値引きしてもらえました。予算が無いことを正直に伝え、出来ることは自分ですると相談しまくった結果10万円で交渉成立しました。

 

 

 

当初20万だったのが半額です!

 

 

 

地元業者は全国展開してCMをバンバン打ってる大手と違い不動産屋からの紹介で成り立っている。だから、多少無理してでも値引きに応じてもらえる可能性があります。

 

 

 

値引きの順番、そして当初適当に取ってきた不動産屋からのパンフレットがこんな形で役に立つとは思いませんでした。

 

3000万円で家を建てることになり、今回の引っ越しとなったわけですが、傷一つなく良い引越しでした。

国際引っ越しは計画的にすべし

先月、10年住んだアメリカのカリフォルニア州から神奈川県へ引っ越してきました。

 

引っ越しを決めたのは2016年10月の事。年内に家を引き払おうと決めてインターネットでざっくり国際引っ越しについてサービスや料金を調べて、数社に見積もりを申し込んだら、12月は日本への引っ越しのピークシーズンに当たるそうで、最終週はもう予約でいっぱいだと言われ、クリスマス前の日程になってしまいました。

 

予定していたよりも1週間ほど早まったのですが、翌週には段ボールを受け取り、荷造りを開始しました。

 

利用したのはヤマト運輸の単身Seaパック、という自分で荷造りして引き取りだけお願いし、船便で日本へ運んでもらうリーズナブルなプランです。指定の箱もしくは同サイズの箱40個分がそのプランで申し込める最大の個数でした。概ね16万円ほどのコストでした。

 

1箱当たりの重量は25kgまでと決められていたので、何をどれだけ詰められるか、必死に考え悩みました。

 

基準にしたのは「日本で買い直すより、持って帰った方が結果的に安上がりだと思えるもの」「すぐに使わないけど絶対に持っていたいもの(船便なので)」「ここで捨てたら二度と手に入らないもの(写真や思い出の品物など)」という物差しです。

 

そのふるいにかけて残ったのは、大量の本でした。。はい、私、書籍に対しての思い入れが強すぎるのです。。ル・クルーゼの鍋より、本を優先させました。

 

その本の問題点は、重量です。規定の箱にきっちり収めると、コミック本のような軽い紙質のものでも重量の規定を超えてしまいます。なので、本を6割入れ、残りのスペースに軽いものを詰めるという作戦を実行しました。

 

この時活躍したのが、スーツケースを計量する吊り下げ式の重量計です。箱の周囲にスーツケースベルトを巻き、ベルトに重量計のフックを引っ掛けて吊り下げて測りました。

 

体重計に乗せるより正確に測れたので助かりました。

 

業者に荷物を引き取ってもらったのは12月19日。無事荷物を送り出し、私は身軽に飛行機で出発。先日2月3日に通関作業が完了したとの連絡がありました。約1ヶ月半ほどで到着したことになります。

 

我が家の場合、まだ住居が決まっていないので(現在実家に居候中)、通関後の荷物をすぐに引き取ることができないと相談したところ、なんと通関から1ヶ月は無料で預かってくれるとのこと。そのあとは有料での保管になるそうですが、なんと1立方メートルあたり1500円+税で1ヶ月単位で預かってくれるそうで。我が家の荷物量だと2立方メートルに収まる(畳2畳分の面積に積み上げて事足りる)ので、1ヶ月あたり3000円+税。倉庫借りるより安上がり!

 

というわけで、連休すぎまで預かって貰おうかと画策中なのでした。